綺麗に使っていると服は高く売れるって知っていますか?

状態の善し悪しは査定に響きます!

ブランド品のお洋服を売りたい!と思われている方。コンディションはどうですか。しみや穴はありませんか。買い取られた洋服はクリーニングをしてそのまま、商品になります。やはりきれいな状態のものでなければいけません。 どんなに高価な人気ブランドのお洋服でも綺麗でなければ買取は出来ないものです。売る直前にクリーニングに出しても手遅れな場合があります。やはり日頃のお手入れは大切です。汚れたらすぐにお洗濯。袖を通した服にはブラッシングなど毎日の気配りがものをいいます。なぜでしょうか。それは衣類の大敵がイガという蛾だからです。このイガの幼虫、衣類の嫌な虫食いの原因になるんです。一度食べられて穴が開いたらおしまいです。しっかりと対策を練りましょう。

日頃のお手入れで「使用感」をなくしましょう!

では、このイガ対策はどうしたらいいでしょうか。まず、食べこぼしなどがあればすぐに洗いましょう。食べかすは幼虫のエサになります。そして綺麗にしたお洋服を保管するクローゼットには防虫剤を入れておきましょう。イガは暗くて湿気のある場所を好みます。時々、天気の良いからっとした日にはクローゼットの換気をしましょう。 そして役に立つのが掃除機です。イガの卵は比較的、楽にとれます。掃除機の先端に衣類用のアタッチメントをつけて、ソフトに吸い上げましょう。これで虫食い対策は万全です。そしてブランド品の買取に重要なのはタグです。こちらもお洗濯するときには取れたり色あせしたりしないように注意しましょう。ブランド品を扱い慣れた、良心的なクリーニング業者を利用するのが一番です。そういったお店はお洋服やタグに傷をつけないように充分な気配りをしています。売る場合に問題になるのは「使用感」のあるなしです。毎日のお手入れが大切です。